2006年02月27日

モチーフ3-Flower with 〜

tatting5
「Easy Tatting」より「Flower with One Picot In the Center」
#20エジプト綿レース糸使用で、直径約5.5cm

CELTIC CROSS以外に、TATTING COLLAGE内では、とくに作ってみたいものも無かったので、次はEasy Tattingを開いてみることに…。
編み図が大きいし、写真も大きいので、見やすい本でした。
いくつか、作ってみたいものがあったので、初めの方のページから、順に作成していくことに。
…というわけで、今回のモチーフ。

始めに練習した、フェリシモのお花のモチーフと、ほとんど同じで、難…ということは、無かったです。
復習のつもりで、一気に編み上げました。
それでも、2時間くらいかかりましたけどね(苦笑)

出来上がったものは、チェインの部分が丸い感じで、本の出来上がり見本とちょっと違ったのですが、チェインのピコットの部分を、指でつまんで、角をつけると、ちょっと近い感じになりました。
アイロンして、終了。
posted by はる at 14:58| モチーフ

2006年02月26日

モチーフ2-CELTIC CROSS

tatting4
「TATTING COLLAGE」より「CELTIC CROSS」
#20エジプト綿レース糸使用で、直径約9cm

TATTING COLLAGEをぱらぱらと読んでみると、小さなモチーフ揃い…。
樹とか草とかお花とか、数もたくさんあって、見ていて楽しい♪
でも、コースター形のモチーフが作りたい私には、ちょっとハズレ(滝汗)
その中で、発見したのが、今回のモチーフ。

とにかくリングを繋げるだけの、かなり初心者さん向け!
シャトル1個でサクサク出来るので、一気に編めましたVvv
何度か方向転換しますが、リングをピコットに繋ぐだけのものなので、ほとんど編み図とにらめっこしなくて良かったし、練習には最適でした。
posted by はる at 15:38| モチーフ

2006年02月17日

ネットで本を購入

1冊目を全て編み上がったわけでは無いけれど、やっぱり色々見て、気に入ったのから、練習兼ねて編んでいきたい、飽きっぽい私…。
でも、なかなか近隣の本屋さんでは、タティングの本が見つからないので、ネットであちこち探してみました。

ネット本屋さんとか、手芸屋さんとか、あちこち結構ありますね〜。
その中で、独断と偏見ではありますが、買うならここで…と私が絞ったのは、
ドヰ手芸
越前屋
skysoft
の3社。
扱ってる本は、多少かぶってますが、でも、それぞれでしか扱ってないのも、多し…。

色々検討した結果、まず手始め…ということで、2冊程、洋書を購入することに。
Sterling Publishing出版の「Tatting Collage」
Dover Publications出版の「Easy Tatting」
今回はskysoftで購入しました。

手芸の本って、本文こそ言語が違えど、元は一緒だから、図さえ有れば、なんとかなるだろう…と思っていましたが、考えが甘かったです。
記号部分だけでも、最初は解読しないと駄目でした…(遠い目)
用語が違うのもあったし。
ちなみに、
1目→1ds(ダブルステッチ)
ブリッジ→Chain(チェイン)
とかね。

でも、ほんと、洋書は種類がたくさんあって、全部欲しくなりますね〜。
いつか、揃えたい…。
飽きてなければ(苦笑)

posted by はる at 11:08| 書籍

2006年02月13日

モチーフ1−コスモス

「やさしくタティングレース」より「コスモス」
出来上がった物は、写真を撮る前に、人にあげてしまったので、無し。
#20エジプト綿レース糸使用で、直径8センチくらい…だったと思います。

マーガレットのコースターの結果に、多少しょぼくれながらも、編むのは楽しいので、次々と進めたくて、…特に何も目的は無いけど、本の中から、気に入った柄の物を探して、選んだのが、これ。

選んだのは良いけど、これまた、初体験をする事に…。
シャトル1個と、ボールから直接糸を使って、糸2本で編む事に。
2本でするのは、最初のシャトル2個の練習があったので、それほど抵抗は無かったのだけれど、どうやってリングとチェインを繋いだりするのか、本の説明だけでは、よく分からない(滝汗)

…途中まで編んで、リングとリングをつなげるのを忘れてたりする失敗に気づいて、糸を絞ってリングがいくつも出来上がってる状態になっているのに、糸をほどいて、間違ったところまで戻すには果てしなくて、編みあがってる分全部思い切って放棄して…。
を、数回繰り返しました。
糸がもったいなかったけど、糸を解くのが嫌になって、編むの自体を放棄しそうな自分が嫌だったので、思い切って捨てました。
人間、思い切りも必要…。
…って、違うかon_

これを編み上げて、また一つ、自分に自身がついた感じ。

今思えば、練習用の100円均一の糸で良かった…。
っていうか、100均のだったから、思い切って捨てられたのかな?(汗)
良い子は、真似しないほうが良いですよ(汗)
posted by はる at 23:40| モチーフ

2006年02月09日

レッスン4−渡り糸

次に作成したのが、レッスンの続き、マーガレットのコースター。
…また難関が(滝汗)

とにかくピコットが多い…。
まあ、ピコットが多いのが魅力な部分もあるし、レースの必然の様にも思うのですが、なにぶん、まだまだ未熟の身…。
でも苦手科目をそのままにしておくのは良くないと…。
とかなんとか、言い訳が頭の中で過ぎりまくりで始めたのですが、ピコットよりも難関だったのが、渡り糸でした。

一段目を編み終えて、二段目に進み…。
渡り糸分を5ミリくらいをあけて…とあったので、こんなもんかと大体の目見当でしていたら、完成したときに、蒼くなりましたon_
渡り糸の部分が長すぎて、きちんと綺麗に平らにならなかったんです(涙)
見本の写真は、糸がきちんと張っていて、きれいな編み具合(当たり前だけど)
ところが、出来上がったのは、糸がうにょうにょしている…。
渡り糸は、心持少し短めが良いのだと、学びました。
(っていうか、きちんと長さを測れば良かっただけの事ですがね)

仕方が無いので、少し二段目のモチーフ部分を持ち上げて、入れ物状にしてみました。
糊付けしたので、くたっとならず、思ったよりも良い感じの小物入れになりました。
ひょうたんからこま…(苦笑)

tatting3.jpg
「やさしくタティングレース」より
マーガレットのコースター
#20エジプト綿レース糸使用で、直径約9cm
posted by はる at 22:45| レッスン

2006年02月01日

お道具増量

前回のさくら草のコースターを始める前に、練習用にと、某100円均一店で、レース糸を購入していたのですが、編み終わったあと、使い終わってもいないのに何を思ったか、数玉買い足してしまいました…。
1玉20グラム、約74メーター…大丈夫かね、自分(遠い目)

それから、持つべきものはなんとやらで、友人が手芸屋で働いていて、取り寄せをしてくれることになったので、シャトルとかぎ針を注文しました。
クロバー製の、角付きとべっ甲の2種のシャトルと、NO,9のかぎ針。
そんなに有って、どうすんの?!って気もしますが、でも、違う色糸で編む時に、シャトルに別の色が残っているのに、上から別の色を巻き足すのも嫌だったので、そんなに高い物でも無いというわけで、購入しました。

作る物にもよると思いますが、簡単なものだと、たいていシャトル1個と、糸玉1個を使用というのが多いみたいなので、糸1種類にシャトル1個あると、不便は無いかな〜?って思いますですね。
それと、フリーというか、空きにしてるのが、1〜2個あれば、シャトル複数使うのを編む時に、それを使えば良いかな…と。
飽きるかもしれないのに、先を見越し過ぎですけどね(苦笑)
まあ、人それぞれってことで。

ちなみに、私が買って来たレース糸、#20のエジプト綿製は、クロバー製シャトル角付きに、約5メートルくらい巻けました。
(はみ出しそうなくらい、いっぱいいっぱいに巻いて…ですけどね/汗)
posted by はる at 11:29| 道具