2007年04月21日

お道具箱ならぬ…

ちまちまと、タティングとクロッシェを平行している今日この頃です。
何枚か編みあがってるのですが、まだサイトの方にはUPしていません(汗)
ネットをあちこち放浪していると、タティング人口が、地味にでも増えてるみたいで、嬉しいかぎりですね!
いつか私も、某会に参加させて戴きたいものです。

さて、タティングって何?と、放浪して、たまたまここを通りすがった方に、タティングの良さをお教えしたいのは、やまやまですが、まあ、私よりも秀逸なサイト様達が、きちんと教えて下さってるので、割愛させて戴いて…。
…なにが言いたいかというと、タティングの道具って、とにかく小さくて、場所取らないんですよ!っていうのを、なんとなく叫びたかっただけ(笑)
いろんな方が、色んな持ち方で、外タティングを楽しんでいらっしゃることと思いますが、私の場合は、こんな感じ。

tattingitem1.jpg

がま口のお財布ポーチに、シャトル2個と、糸玉から糸を使う場合の糸巻きと、補充用の糸巻きと、鈎針と、糸処理用の針数本。…と、写真に写ってないですが、折りたたみ式の小さいハサミが、私の外タティングの7つ道具です。
み〜んな、このポーチに納まっちゃうの!(ちなみに、ポーチの大きさは、10×12センチです♪比べて見ると、なんとシャトルの小さいことVvvv)
ちなみに、糸は、ミニ香水を購入した時の箱が綺麗だったので、それを糸巻き型に切り取ったものです。厚紙で丈夫Vvv
そして、私がタティングを始める動機にもなったのですが、途中でやめても、目がほどけないので、扱いが雑でも、簡単に続きが始められちゃう♪
すばらしきかな!(絶賛)

まあ、あとは、鈎針編みのレースに対して、タティングレースは、出来上がりが、ぺた〜っと薄い感じで、繊細な感じですね。
出来上がりの大きさに対して、鈎針編みより糸の使用量も少ないかな?(私の気分的なもの?)
好き嫌いはあると思いますが、ぜひチャレンジして、タティング人口が増えてくれたらイイな〜と、日々思います。
…って、流行ったら、一気に熱が冷める性質なんですが(汗)
でも、近隣の手芸屋さんで道具が買いやすくなる方が、助かるな…なんて思ったりもなんかしてVvv

posted by はる at 15:27| 道具