2006年03月12日

レッスンでは無いけれど-糸の長さ計算

最初は、ふと思って、調べただけの、単なる興味本意だったのですが、まあ、私の覚え書き程度の内容だと思って戴ければ…。

まずは、本に載ってる、必要糸の計算。
よく、○○グラムって書いてますが、
私が今使ってる某100円均一の#20のエジプト綿レース糸を例にするなら、
これは、1玉20グラム、約74メートルなので、
もし本で#20の糸を9g使用なら、
まず、糸玉の計算からすると、
74m÷20g=3.7m/gで、1gが3.7mってことですよね。
なので、3.7m×9g分で、33.3mってなります。
なので、33.3m糸が必要ってことですね。
まあ、これは単純計算なので、実際は糸の始末分の長さとかも含めて、+αの糸が要るはずですけれどね。

それから、1目にどれくらい糸が必要かっていうのですね。
1目作って、糸に印を付け、それをほどいて、測ってみました。
#20ので、私的に、少し緩めに目を作ってみて、
チェインで、
目側:1.3〜1.4cm
芯側:1.5mm
でした。
リングなら、足して1.5cmくらいなのかな〜って長さですね。
ピコットは、私的標準の高さは3〜4mm
なので、長さは6〜8mmというところでしょうか。

たとえば、モチーフを作ってる途中で、糸玉の方の糸が足りなくなって来て、キリの良い10ds.P.10dsというチェイン部分まで、編んでしまいたい〜って場合、すこし余裕を持った単純計算にすると
目側:30cm
芯側:3cm
くらいなので、
手にかける分を、糸の始末用と考えて、+α…たとえば15cmくらいで、糸玉の方が45cm有れば、チェインが作れるって事になります。
リングなら、40cm+α…といったところでしょうか。

ちなみに、手にかける分の長さ15cmは、私の場合のぎりぎり数値です。
手が小さいので、それくらい…(汗)
余裕が有った方が良いなら、もっと長い方が良いですよね。
それから、シャトルに糸が残り少なくなって、糸をギリギリまで使う時は、短くなってきた時点で、いったんシャトルから糸を外し、ゼムクリップに結んで、続けています。

糸の長さって、あんまり気にする人って、居ないようにも思いますが、気になる人は、やっぱり何事も、自分で測ってみると良いと思いますね。
posted by はる at 11:58| レッスン